忍者ブログ
二子玉川ライズから環境を守る。東京都世田谷区の二子玉川(ニコタマ)では街壊しが進行中である。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」や「二子玉川ライズ オフィス」など東急電鉄・東急不動産ら東急グループの営利目的の再開発によって、二子玉川の貴重な自然と近隣住民の住環境が破壊されている。
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二子玉川ライズを見直す理由の一つは、二子玉川ライズに自然災害を激化させる危険があることである。ビル風の風害は現実の問題になっている。「二子玉川ライズ オフィス」など再開発1期事業の高層ビルの竣工によって想像以上に風害が激しいことが判明した。4月には女性が風で吹き飛ばされて骨折し、入院する事故も起きている。これは環境アセスメントの失敗を意味し、2期事業を1期事業と同じ形で進めることは許されない。

高層ビルは地域の気候にも悪影響を及ぼす。「高層ビル密集エリアでは水平方向の風が妨げられ、大きな上昇気流が上空に積乱雲を発生させる可能性が高い」(織山和久『東京いい街、いい家に住もう』NTT出版、2009年、158-159頁)
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/2/16.htm

二子玉川ライズは水害の危険も増大させる。近年の日本では集中豪雨が頻発し、国民の安全を脅かしている。降雨量の増加と豪雨の頻発によって水害発生頻度の増大が想定される。


二子玉川ライズを見直す理由の一つは、デジタルコンテンツ産業誘致集積事業の中止である。これは二子玉川にIT企業を整備しようとした事業であるが、補助金を受け取っていたNPO法人が総務省から問題点を指摘され、6月に事業を中止した。事業中止によって二子玉川のオフィス需要の当てが外れたことになる。現在の経済情勢で大規模オフィスは経済的に成り立たないという反対住民の懸念は現実味を帯びている。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力 二子玉川ライズ反対運動
性別:
非公開
趣味:
テニス
自己紹介:
     
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

material by: * Photograph by:Sayo(Le*gume)