忍者ブログ
二子玉川ライズから環境を守る。東京都世田谷区の二子玉川(ニコタマ)では街壊しが進行中である。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」や「二子玉川ライズ オフィス」など東急電鉄・東急不動産ら東急グループの営利目的の再開発によって、二子玉川の貴重な自然と近隣住民の住環境が破壊されている。
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

希望のまち東京in東部は2016年2月11日(土)、読書会第30回「労働力の商品化」を江東区東陽の希望のまち東京in東部事務所で開催した。柄谷行人『世界史の構造』から「第3部 近代世界システム」「第2章 産業資本」「6 労働力の商品化」「7 産業資本主義の限界」「8 世界経済」を取り上げた。
今回は冒頭に新日本婦人の会東京都本部から市民連合東京連絡会宛の「女性が願う「市民と野党共闘」の共通政策-新日本婦人の会の要求」及び「女性が願う「市民と野党共闘」の共通政策-新日本婦人の会東京都本部の要求」を受けた。「東京都本部の要求」は以下の3点である。
「豊洲新市場予定地の地下水・土壌汚染の調査・対策と築地市場移転の抜本的再検討を」
「オスプレイの東京・横田基地への飛来・配備の中止を」
「保育の充実と待機児童対策・保育士の待遇改善を」
市民連合東京連絡会呼びかけ人であった林田力が要求書を受けた。豊洲新市場問題に付いては移転中止した場合に市場予定地に何が使われるかに関心があると述べた。オスプレイの問題についてはオスプレイの事故率が高いと言われているが、VTOL機自体はヘリコプターとジェット機の両方の長所を持つ考え方である。オスプレイだけが問題か、VTOL機が構造的に欠陥を持っているのか考えたいとコメントした。
閑話休題。恐慌は周期的に起こる。労働力の商品化から恐慌を理解することは乱暴ではないか。恐慌は労働力の特殊性だけから起こるものではない。オイルショックの原因は政治である。危機を打開してきたことが資本主義の歴史である。大恐慌やリーマンショックを経ても資本主義は残っている。単純に資本主義が限界に達しているとは言えないのではないか。
マルクスも社会主義革命に至るメカニズムには到達できなかったのではないか。社会主義革命を信じていたが、どう到達するかは明らかにできなかった。柄谷行人も現代の資本主義については通り一遍の記述になっている。現代の資本主義については模索しているのではないか。
イギリスの工業化以前も労働力の商品化はあった。奴隷と異なる点は市場を媒介する。労働者は生産手段と切り離された「自由」な存在である。契約自由という選択があるという外観がある。自由と平等とチャンスの社会である。「約束が違う」という社会は自由社会ではない。
柄谷は宇野弘蔵理論の影響を受けている。それはオールドマルクス主義と拒否反応も出てくる。ソ連は生産手段を国有化したが、労働力の商品化を克服できなかった。労働力の商品化はどうやったら克服できるのか。世界革命に進めるのかという疑問はある。『世界史の構造』は『トランスクリティーク』と比べると具体化されている。『世界史の構造』は名著である。これを土台にして現代の分析を書き加えて生きたい。
人間と自然は取り替えがきないが、資本主義は取り替えがきくものとして扱おうとする。未来に対する楽観論がある。どこかで技術にブレークスルーが起きると思っている。どんどん大きくなり、良くなると思っている。進化に対する信仰がある。しかし、進化しても幸福は保証しない。時間が止まったような田舎に幸福を感じる。進歩への脅迫観念がある。産業を無理やり作り出している。無成長社会を作りたい。
帝国主義は侵略的であるが、帝国は侵略しない。帝国内部は自由主義である。国家や経済圏の適正な大きさはある。グローバルは無理である。国家がなくなるよりも、地球のどこに行っても生活するようになる。イギリスの仮想敵国はドイツの前にロシアであった。ギリシアは債務踏み倒しで儲けた面がある。琉球王国は軍隊を持たないことで繁栄した。
自衛隊を国際救助隊にしたい。災害救助の装備を整えておけば、自国の災害でも多くの人が救われたかもしれない。日本をサンダーバード国家にする。問題はサンダーバードに携わっている人々が勝ち組であることである。ボーイスカウトはパーツを取り替えると別のものになる組織である。
適正な規模を考える。幕藩体制を懐かしむ気持ちがある。道州制は都道府県よりも大きくなるため、中央集権化する。中国には国軍はない。人民解放軍は中国共産党軍である。共産党はエリート官僚集団になっている。昨今の中国の好戦的な行動は、軍の発言権が強まり、党の統制が弱まったためである。
人民解放軍がアフリカに進出している。国連PKOの現場で中国兵士が増えている。冷戦時代はキューバがPKO的なことをしていた。イギリス・アメリカ・ロシアが介入すると事態が悪化する。アフリカ諸国の政治の腐敗は植民地支配を引き継いだことが原因である。
日本人にとってグローバリゼーションはアメリカ型ではないか。本当の意味でグローバリゼーションになれない。日本人よりも韓国人の方がコミュニティーを作っている。ロスのリトル・トーキョーは韓国人や中国人の町になっている。
言語とアイデンティティーと密接につながる。日本人は英語が話せない人が多い。アジア人は片言でコミュニケーションをとろうとする。言葉ができないからコミュニケーションを取れないと思い込む。文法的には韓国語と日本語は似ている。中国語の文法は英語と似ている。日本語は同音異義語が多い。会話の中で意味を理解する高度なコミュニケーションをしている。
希望のまち東京in東部市民カフェ第133回(2017年2月16日)は共謀罪と働き方改革を取り上げる。共謀罪は自民党が野党になった場合には野党が困る。警察が喜ぶ法律である。日本のシンガポール化である。日本の刑法は共謀共同正犯という解釈がなされており、行為者でなくても正犯に罰されてしまう。
自我がナショナリズムに絡めとられる傾向が嫌である。人間関係に競争原理を持ち込まれる。それを嫌うならばパソコンの前に引きこもることは嫌である。『君の名は。』は新海誠監督が売れる作品を作った。昔からのファンには「違うな」という意識がある。
http://www.hayariki.net/tobu/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力 二子玉川ライズ反対運動
性別:
非公開
趣味:
テニス
自己紹介:
     
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

material by: * Photograph by:Sayo(Le*gume)