忍者ブログ
二子玉川ライズから環境を守る。東京都世田谷区の二子玉川(ニコタマ)では街壊しが進行中である。「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」や「二子玉川ライズ オフィス」など東急電鉄・東急不動産ら東急グループの営利目的の再開発によって、二子玉川の貴重な自然と近隣住民の住環境が破壊されている。
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
また,同組合は,「人工地盤は,盛土のような構造ではなく,人工地盤の下は,駐車場等の空間であり,周辺地域全体が水に浸かるような洪水時には,人工地盤の下にも洪水流が流入することになる。」として,人工地盤の構造上水害被害が拡大するおそれはない旨主張している。しかし,Ⅲ街区の1階部分には,超高層ビルの心臓部とも言うべき自家用電気室,配電盤室等の機械室があり,同組合としても,当然これらの施設を水没させることは想定していないはずである。また,駐車場といっても居住者の大切な財産の保管場所であり,車からの乗降や荷物の出し入れ等で当然居住者が出入りすることが予定されている。また,同組合は,上記のような主張を抽象的にするのみで,どの程度の洪水流が流入し,その結果,周辺住民への被害への影響がないといえるのかといった科学的な根拠を何ら示さない。このように何ら科学的根拠を示さず,また,商品価値として欠陥があることを前提とする同組合の主張は全く信憑性のないものである。さらに,同組合が居住者のための水害対策を怠った結果,自らの財産を守るためにマンション管理組合が必要十分な洪水対策を講ずる可能性は極めて高く,その場合,やはり本件再開発事業地全体が遮水的な構造物となり,周辺の水害被害が増加することは,坂巻証人の証言のとおりである。
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/futako/appeal101111.html
このように,本件再開発事業は,本件再開発事業地周辺の水害被害を更に拡大させ,周辺住民の生命,身体及び財産に対する損害を拡大させるものであり,都市再開発法4条2項2号に違反することは明白である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[04/09 Caseyknick]
[04/01 格宾网]
[04/01 环氧地坪施工]
[04/01 玻璃纤维网格布]
[04/01 不锈钢网]
プロフィール
HN:
林田力 二子玉川ライズ反対運動
性別:
非公開
趣味:
テニス
自己紹介:
     
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

material by: * Photograph by:Sayo(Le*gume)